書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 刑事警察・組織犯罪対策

  • 一覧表示
  • 詳細表示

RSS

刑事警察・組織犯罪対策 (47件)

  • 外事犯罪捜査ハンドブック
    〔第2版〕

    外事犯罪捜査ハンドブック

    【本書の内容】

     入管法違反事犯を中心に,捜査の概要を分かりやすく解説する。入管法改正等を反映し,取調べの録音・録画にも及ぶ。犯罪事実記載例付き。最新判例,虚偽申請罪の新設等に対応。

    【本書のポイント】

    ●外事犯罪捜査官の実務に即した捜査のポイントをわかりやすく解説!

    ●犯罪事実記載例集としても使用可能! この一冊で送致・起訴までOK

    ●最新の情勢・実務状況に合わせた第2版!

    著者:鶴見公証役場公証人 桒名仁 原著
    水戸地方検察庁検事正 西谷隆
    金沢地方検察庁検事正 植村誠
    東京地方検察庁立川支部副部長 石島正貴
    札幌地方検察庁総務部長 市原久幸
    東京地方検察庁公安部副部長 鵜野澤亮 編著

    定価:¥2,310 (本体 : ¥2,100)

  • 組織的犯罪処罰法ハンドブック~逐条解説から犯罪事実記載例まで~

    組織的犯罪処罰法ハンドブック~逐条解説から犯罪事実記載例まで~

    【本書の内容】

     複雑な構成要件を分解したチャートに加え,現場で使用するパターンを網羅した犯罪事実記載例を掲載し,逐条方式で分かりやすく解説する。用語索引,判例索引付き。


    【本書のポイント】

    ●実務に基づく,読みやすい&分かりやすい逐条解説!

    ●「構成要件チャート図」と「犯罪事実記載例」も多数掲載!

    ●近時の改正にも対応! 参考資料等も充実!

    著者:加藤俊治 編著/宮崎地方検察庁検事正・前法務省大臣官房審議官

    定価:¥2,860 (本体 : ¥2,600)

  • 刑事手続法の論点

    刑事手続法の論点

    【本書の内容】
     
     比較的最近の裁判例を素材として,今後,立法的な解決が求められる問題を始めとする,現在,実務において解決を求められている問題を取り上げ,検討を行い,解決の方向性を示す。


    【本書のポイント】

    ●実務における最新の問題に答える!

    ●警察学論集の好評連載に、補充解説&書き下ろしを加えて単行本化!

    ●『判例講座』シリーズ2冊と合わせて更なる理解の深化へ!

    著者:川出敏裕/東京大学大学院法学政治学研究科教授

    定価:¥2,420 (本体 : ¥2,200)

  • 事案処理に向けた実体法の解釈
    条文あてはめ刑法

    条文あてはめ刑法

    【本書の内容】

     犯罪類型ごとに,実際に起こりそうな事件の事例を通じて,刑事法(特に刑法)の解釈や擬律判断の在り方を身に付けることができる。警察官はもちろん,法曹志望者にも有益。

    【本書のポイント】

    ●実務で扱いの多い犯罪類型を厳選し,判断に迷う限界的事例を設定!

    ●現役検事が丁寧に解説する,刑事擬律判断の決定版!

    ●登場人物の関係性や擬律判断のポイントが一目で分かる図解!

    著者:粟田知穂/法務省法務総合研究所研究部総括研究官

    定価:¥2,860 (本体 : ¥2,600)

  • 過失犯 犯罪事実記載要領〔第2版〕

    過失犯 犯罪事実記載要領〔第2版〕

    【本書の内容】

    いわゆる特殊過失事件について,事故を17の類型に分け,裁判例を参照した犯罪事実の記載例を示す。医療関連事故の記載例,最新判例を追加するなど,内容をアップデートした。


    【本書のポイント】

    ●過失犯の基本,実務上の争点,犯罪事実記載例をスピードマスター!

    ●15類型を超える,さまざまな過失事故の記載例を紹介&解説!

    ●第2版は,内容をアップデートして更にグレードアップ!

    著者:法務省司法法制部参事官 山口貴亮 編著

    定価:¥2,640 (本体 : ¥2,400)

ページトップへ

  • アプリ紹介