書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 月刊誌 > 治安フォーラム > 2020年 月刊 治安フォーラム2020年5月号 (26巻5号)

2020年
月刊 治安フォーラム2020年5月号
(26巻5号)

国内外の治安にまつわる旬な情報を掲載!!

◇5月号注目記事◇

オウム真理教の誕生から地下鉄サリン事件まで~その時代背景と今後の脅威について考える~/萩田俊一

第28回党大会の注目点/治安問題研究会

北朝鮮による拉致容疑事案等/清山琉斗

他,多数掲載!

定価
:¥800
発売日
:2020年04月
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

治安フォーラムについてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

<グラビア>
朝日新聞阪神支局襲撃事件(1987年5月3日)
モロッコ・カサブランカで連続自爆テロ(2003年5月16日)

「詰め」の心構え

オウム真理教の誕生から地下鉄サリン事件まで~その時代背景と今後の脅威について考える~/萩田俊一
第28回党大会の注目点/治安問題研究会
北朝鮮による拉致容疑事案等/清山琉斗
中露接近と我が国への影響/兵頭慎治
台湾総統選挙とその影響/富坂聰
イエメン内戦、その歴史的背景/山口直彦
【連載】膨脹する中国~その現状と歴史~(104)/樋泉克夫
【連載】アメリカから見る日本の防衛と政策(45)/片桐範之

≪国際情勢≫
1 米国議会上院はウクライナ疑惑でトランプ大統領に無罪を評決
2 米軍の作戦により「アラビア半島のアル・カーイダ」指導者が死亡
3 金正恩朝鮮労働党委員長をめぐる動向
 (1) 金正恩委員長が錦繍山太陽宮殿を訪問
 (2) 朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議の開催

4 韓国最大野党が保守系野党を吸収し新党を結成
5 米国国務省は中国メディア5社を中国共産党の宣伝機関と認定
6 中国外務省は北京駐在の米国メディア記者3人の記者証を取消し
7 イラン議会選挙で反米を掲げる保守強硬派が圧勝
8 中国が全国人民代表大会の延期を決定
9 米国とタリバンが和平合意に署名

≪国内情勢≫
 Ⅰ 社会・経済情勢
1 オウム真理教上祐派(「ひかりの輪」)をめぐる動向
 (1) 福岡県警察が団体規制法違反の疑いで「ひかりの輪」女性役員を逮捕
 (2) 東京地裁が団体規制法の観察処分をめぐる「ひかりの輪」の請求を棄却

2 サイバー攻撃をめぐる動向
 (1) 防衛関連企業に対するサイバー攻撃
 (2) サイバー攻撃により防衛省「注意情報」流出の可能性

3 アプリ開発をめぐり報酬が北朝鮮に流れた疑いが浮上
4 在日ロシア通商代表部幹部に係る不正競争防止法違反事件
5 JR東労組の分裂をめぐる動向
6 新型コロナウイルスをめぐる政府の主な対応
 (1) 政府による基本方針の決定
 (2) 政府が全小中高校の休校を要請

 Ⅱ 政治情勢
1 日本共産党が首相答弁の撤回を要求
2 令和2年度予算案が衆院を通過

◇フォーラムキーワード◇
WHOとPHEIC
スンニ派とシーア派
国賓、公賓

◇歳時記◇
在日朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)結成(昭和30年5月25日)

治安フォーラム項目別索引

≫ グラビア ≫ the Forum ≫ オウム真理教関係 ≫ カルト・宗教関係
≫ 安保・危機管理関係 ≫ 右翼関係 ≫ 過激派関係 ≫ 共産党関係
≫ 外事関係(アジア) ≫ 外事関係(欧州) ≫ 外事関係(中東) ≫ 外事関係(中南米)
≫ 外事関係(北米) ≫ 外事関係(その他) ≫ 社会運動関係 ≫ 情報通信関係
≫ 諜報・情報問題関係 ≫ 治安関係重要判例解説 ≫ 総合  

バックナンバー

警察公論
警察公論
警察学論集
警察学論集
治安フォーラム
治安フォーラム
ケータイSA研究
ケータイSA研究

ページトップへ

  • アプリ紹介