書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 交通警察 > すぐに役立つ・わかりやすい 交通事件犯罪事実・情状意見記載例集〔第2版〕

すぐに役立つ・わかりやすい
交通事件犯罪事実・情状意見記載例集〔第2版〕

【本書の内容】

事件類型ごとに,送致書に記載する犯罪事実及び犯罪の情状等に関する意見について,記載例と解説を掲載。活用しやすいよう現場参考図を付す。法改正等に対応した。


【本書のポイント】

●「検察官が知りたい」部分を押さえた,犯罪事実・情状意見が書けるようになる!
実際の現場で起きている事故・事件を研究し改訂した,交通事故に携わる交通警察官必携の一冊! 現役の交通担当検察官から見た,重要部分を押さえた犯罪事実や情状意見を書くために必要な手引き書。

●「公訴事実」や「判決文の罪となるべき事実」に即した犯罪事実記載例!
送致先の検察官から見た,「悪い記載例の悪い理由」と,どの部分の記載を,「どのように改善すれば良くなるか」が一目で分かる!

●第2版は,さらにグレードアップ!
◯ 最新の事故・事件情勢を反映!
◯ 危険運転致死傷罪に関する類型について加筆!
◯ 自動車運転死傷処罰法に完全対応!
◯ 見出しが増えて,より読みやすく実用的!

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:交通事故・事件捜査実務研究会 編著
定価
:¥2,052 (本体 :¥1,900)
ポイント
:19 P
発売日
:2018年12月
ISBN
:978-4-8037-4417-0
Cコード
:C3032
判型
:A5
ページ数
:224
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

 
 はしがき

〈第1編〉 総   論

第1章  自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律の概要
第2章 犯罪事実の記載
1 犯罪事実に記載すべき事項
2 交通事故の態様別分類
3 犯罪事実の記載に用いる用語等
第3章 犯罪の情状等に関する意見
1 犯罪の情状等に関する意見とは(犯罪捜査規範195 条)
2 処分意見を付すに当たり考慮した事項の記載
第4章 交通事故事件の捜査要領
1 事故現場に関する捜査要領
2 車両に関する一般的捜査要領
3 速度に関する一般的捜査要領
 
〈第2編〉 過失運転致傷

第1章 信号機により交通整理の行われている交差点の事故
記載例① 赤色信号看過 ①
 ■  酒気帯び,交差点直進時に赤色信号を看過し,左方道路からの車両に衝突
記載例② 赤色信号看過 ②
 ■  丁字路交差点直進時に赤色信号を看過し,前方の横断歩道上の自転車に衝突
記載例③ 赤色信号看過 ③
 ■  酒気帯び,交差点直進時に赤色信号を看過し,右方道路からの車両に衝突
記載例④ 左折時の事故
 ■  交差点左折時に左後方からの原動機付自転車に衝突,無免許運転加重
記載例⑤ 右折時の事故
 ■ 無車検・無保険,右折時に対向直進車に衝突
第2章 交通整理の行われていない交差点の事故
記載例⑥ 丁字路交差点右折時の事故
 ■ 丁字路交差点右折時に右方道路からの自転車に衝突
記載例⑦ 左右の見通しの困難な交差点事故
  ■ 一時停止後の発進時に左方道路からの原動機付自転車に衝突
第3章 追突事故
記載例⑧ 追突 ①(動静不注視)
 ■ 前車に追従中,動静不注視により追突
記載例⑨ 追突 ②(動静不注視,制動措置不適)
 ■ 信号待ちで停止中の車両に追突,無免許運転加重
記載例⑩ 追突 ③(ブレーキ操作の誤り)
 ■  ブレーキペダルから足を踏み外して渋滞停止車両に追突,無免許運転加重
記載例⑪ 追突 ④(脇見)
 ■ 酒気帯び,脇見をして前方停止車両に追突
第4章 横断歩道上における歩行者・自転車との事故
記載例⑫ 横断歩道上の事故 ①(前方不注視)
 ■  普通自動二輪車で交差点右折時,強雨のため下を向き,右折方向  
出口の横断歩道上の歩行者に衝突,不救護・不申告
記載例⑬ 横断歩道上の事故 ②(前方不注視)
 ■  交差点右折時,対向車に気をとられ,右折方向出口の横断歩道上の歩行者に衝突
記載例⑭ 横断歩道上の事故 ③(前方不注視)
 ■  交差点右折時,フロントガラスに凍り付いた氷結に気をとられ,右折方向出口の横断歩道上の自転車に衝突
記載例⑮ 横断歩道上の事故 ④(動静不注視)
 ■  交差点直進時に,歩道に佇立していた歩行者が赤信号で横断歩道上を横断してきて衝突
記載例⑯ 横断歩道上の事故 ⑤(横断自転車の不確認)
 ■ 交差点左折時に,交差点入口の横断歩道上の自転車に衝突
第5章 転回時の事故
記載例⑰ 転回時の事故
 ■ 転回時,対向直進車に衝突
第6章 げん惑事故
記載例⑱ げん惑事故
 ■ 対向車の前照灯にげん惑され,横断歩道上の歩行者に衝突
第7章 進路変更時の事故
記載例⑲ 進路変更時の事故 ①
 ■  タクシーが,乗客を乗せようと道路左端に進路を変更する際,左後方からの普通自動二輪車に衝突
記載例⑳ 進路変更時の事故 ②
 ■  並進していた第1車両通行帯の普通乗用自動車と第2車両通行帯の普通自動二輪車との事故
第8章 その他の過失運転致傷
記載例㉑対向自転車との事故…
 ■  普通乗用自動車とその進路前方に進出してきた対向自転車との事故,不救護・不申告
記載例㉒同一方向に進行中の車両との事故
 ■  同一車両通行帯を進行中の普通乗用自動車と普通自動二輪車が衝突
記載例㉓進路変更してきたタクシーと衝突
 ■  被疑車両(タクシー)が第1車両通行帯を進行中,右前方の第2車両通行帯を進行中の被害車両(タクシー)が第1車両通行帯に進路変更してきて衝突
記載例㉔対向自転車との事故…
 ■  普通自動二輪車を運転し,対向車両とすれ違った後,対向自転車に衝突,不救護・不申告
記載例㉕進路変更して停止し,後方車両と衝突
 ■  自車を第2車両通行帯から第1車両通行帯に進路変更して停止させた際,自車右後部が第2車両通行帯にはみ出していたため,後方車両と衝突
記載例㉖ドア開扉
 ■  渋滞のため停止した際,ライターを拾おうとして運転席側ドアを開扉し,右後方からの大型自動二輪車に衝突させた
記載例㉗進路前方の横断歩行者との衝突
 ■ 進路前方を横断中の歩行者に衝突

〈第3編〉 危険運転致死傷

第1章 アルコールの影響
記載例㉘酒酔い ①
 ■  普通自動二輪車を走行させ,左前方を同方向に進行中の自転車運転者に自車左側のバックミラーを衝突させた
記載例㉙酒酔い ②
 ■  普通貨物自動車を走行させ,進路前方で信号待ちのため前車に続いて停止中の普通自動二輪車に衝突
記載例㉚酒酔い ③
 ■  普通乗用自動車を走行させて対向車線に進出させ,対向車両に衝突
記載例㉛酒酔い ④
 ■  普通乗用自動車を走行させ,対向車線に進出させて対向車両2台に衝突
記載例㉜酒酔い ⑤
 ■  自車を道路左側の側壁に衝突させた後,中央分離帯を乗り越えさせて,対向車両に衝突
第2章 薬物の影響
記載例㉝薬物の影響 ①
 ■  麻薬成分の含まれるブロンを服用して普通乗用自動車を発進させたが,歩道上を走行させ,対向自転車に衝突させた上,自車を対向車線に進出させて対向車両及び停止車両に衝突,不救護・不申告
記載例㉞薬物の影響 ②
 ■  睡眠薬を服用し,普通貨物自動車を走行させ,交通整理の行われていない交差点を右折する際,赤色点滅信号に気付かず交差点に進入して右方からの自動二輪車に衝突,不救護・不申告
第3章 制御困難な高速度
記載例㉟制御困難な高速度
 ■  普通乗用自動車を運転し,左に湾曲する道路を時速約120 キロメートルで進行し,対向車両2台に衝突
第4章 技能未熟運転
記載例㊱技能未熟運転
 ■  無技能,渋滞停止中に運転を交代し,前後の車両に衝突
第5章 妨害目的
記載例㊲妨害目的
 ■  普通乗用自動車を運転中,大型自動二輪車に割り込みされたとして立腹して,著しく接近するなどして,同車の走行の自由を失わせて同車を信号機柱に衝突させ,不救護・不申告
第6章 赤色信号殊更無視
記載例㊳赤色信号殊更無視 ①
 ■ 中型貨物自動車を運転し,右方道路からの大型自動二輪車に衝突
記載例㊴赤色信号殊更無視 ②
 ■  普通乗用自動車を運転し,赤色信号を殊更無視し,左方道路からの普通貨物自動車に衝突させ,不救護・不申告,さらに,交差点を左折時に停止中の車両に衝突させるなどし,不救護・不申告
記載例㊵赤色信号殊更無視 ③
 ■  普通乗用自動車を運転し,交差点を右折時に左方道路からの普通乗用自動車に衝突
記載例㊶赤色信号殊更無視 ④
 ■  普通乗用自動車を運転し,交差点を直進する際,左方道路からの大型貨物自動車に衝突させ,さらに,同車の後続車両に自車を衝突させるなどした多重事故
記載例㊷赤色信号殊更無視 ⑤ 
■  無免許で普通乗用自動車を運転し,交差点を直進する際,右方道路からの普通乗用自動車に衝突
第7章 通行禁止道路進行
記載例㊸通行禁止道路進行
 ■  普通乗用自動車を運転し,一方通行道路を逆行し,交通整理の行われている交差点で左方から進行してきた乗用車と衝突,不救護・不申告

〈第4編〉 その他の事案

第1章 過失傷害
記載例㊹過失傷害
 ■ 自転車を運転中,歩行者に衝突
第2章 業務上過失傷害
記載例㊺業務上過失傷害(ドア開扉)
 ■  普通乗用自動車を運転してきて道路左側端に停止し,降車のため,右側運転席側ドアを開扉し,右後方からの自転車に衝突
第3章 無免許,無車検・無保険
記載例㊻無免許,無車検・無保険
 ■  無免許で,無車検・無保険の普通貨物自動車を運転して運行の用に供した
第4章 酒気帯び車両同乗罪,犯人隠避
記載例㊼酒気帯び車両同乗罪,犯人隠避
 ■  夫が酒気帯び運転する普通乗用自動車に同乗し,同人が起こした交通事故の身代わり犯人となった
〈〜ちょっと一息〜判例紹介〉
「過失運転致死傷」
 判例①(昭43.3.16 最高裁2小決定)
 判例②(平13.10.24 東京高裁判決)
 判例③(平15.1.24 最高裁2小判決)
 判例④(平16.7.13 最高裁3小決定)「危険運転致死傷」
 判例⑤(平18.3.14 最高裁2小決定) 判例⑥(平20.5.27 広島高裁判決)
 判例⑦(平20.10.16 最高裁1小決定)
 判例⑧(平20.11.12 さいたま地裁判決)
 判例⑨(平22.12.10 東京高裁判決)
 判例⑩(平23.10.31 最高裁3小決定)
 判例⑪(実務の参考になる関係裁判例)

ページトップへ

  • アプリ紹介