書籍を探す

カテゴリ
キーワード

ホーム > 単行本・PCソフト > 刑事警察・組織犯罪対策 > 財務捜査のための企業会計・財務諸表入門

財務捜査のための企業会計・財務諸表入門

【本書の内容】

初学者を対象に,「企業会計とは何か?」という初歩の初歩から財務諸表の読み方,不正会計,犯罪の実例まで,財務捜査の視点から平易に解説。巻末付録として簿記問題を掲載


【本書のポイント】

●初めて簿記を学ぶ警察官へ。これから勉強を始めるなら、この1冊!
 「簿記なんて一度も学んだことがない」という警察官を対象とした、まったくの入門書。平易な文章と豊富な図表で丁寧に解説。イメージを掴みながら手軽に読み進めていける。

●最初から最後まで、財務捜査の視点から解説!
 企業会計とは何か? という初歩から、財務諸表の読み方、実例を基にした不正会計・犯罪まで、財務捜査の視点から事例を用いて解説。不正を見抜く力を養い、財務諸表の「裏を読む」!

● 問題を解いて、理解度・学習の効果を確認!
 巻末付録として、日商簿記4級に対応する問題を30問以上掲載。本書を読み進めた後に問題を解けば、理解度の確認と知識の定着に役立つ。

  • 楽天で購入
  • amazonで購入
  • hontoで購入
著者
:中小企業診断士・前警察大学校財務捜査研修センター所長 大塚 尚 著
定価
:¥2,484 (本体 :¥2,300)
ポイント
:23 P
発売日
:2016年10月
ISBN
:978-4-8037-0143-2
Cコード
:C3034
判型
:A5 並製
ページ数
:280
雑誌・書籍についてのご意見・ご要望

書籍についてのご意見・ご要望は専用フォームよりお寄せください。

目次

はしがき

第1 章 会計は何をしているのか

企業会計とは何か
警察官が会計を知る必要はあるか
会社と営利と犯罪
営利事業の仕組みは資本のサイクル
会社の成績表を作ってみる
貸借対照表と損益計算書
会計にはルールがある
財務諸表の利用者
財務諸表の裏を読む

第2 章 貸借対照表を読む

貸借対照表の全体像
経営の安全性
資産の部を読む
負債の部を読む
純資産の部を読む
流動比率、当座比率
貸借対照表の例
「資産の部」の細目を読む
「負債の部」の細目を読む
「純資産の部」の細目を読む
経営破綻と債務超過
財務諸表分析

第3 章 損益計算書を読む

損益計算書の全体像
売上総利益
営業利益
経常利益
税引前当期純利益
当期純利益
事業の収益性
事業の成長性と安全性
損益計算書の例
損益計算書の細目を読む
収益の実現
収益費用対応の原則
損益計算書と貸借対照表の関係

財務捜査官のコラム

第4 章 財務諸表ができるまで

財務諸表を作る手順
帳簿の体系
仕訳帳
仕訳帳の読み方
総勘定元帳
総勘定元帳の読み方
補助簿
試算表
試算表から貸借対照表・損益計算書へ

第5 章 キャッシュ・フロー計算書を読む

キャッシュ・フロー(CF)とは
キャッシュと利益はどう違うか
キャッシュ・フロー計算書の構造
実際の例
CF計算書を見ると何が分かるか
パターン分析の事例
資金繰り表
資金繰り表をどう読むか
経常収支比率

第6 章 実例を読む

読解の素材
単年度で見る ~グローバルアジアホールディングス株式会社
同業他社との比較で見る ~A社とB社
経年比較で見る ~江守グループホールディングス
経年比較で見る ~株式会社プロデュース

財務捜査官のコラム

第7 章 粉飾~財務諸表の裏を読む

財務諸表は常に正しいのか
粉飾の動機
「粉飾」とは何か
簿外取引
売上の水増し
架空売上の計上
循環取引
在庫の水増し
のれんの減損
引当金の過少計上等
工事進行基準

第8 章 粉飾と犯罪

不正会計と犯罪
会計知識と犯罪捜査

付録 簿記の学習方法/簿記入門
付録A 簿記の学習方法Q&A
付録B 簿記入門

おわりに 次のステップに向けて

捜査官にとっての財務捜査

ページトップへ

  • アプリ紹介